HIT教育機構

HIT教育機構長  久保川 淳司

広島工業大学(以下「本学」という。)は、教育の質的充実こそが本学に対する社会の期待に応えることであると認識し、本学の建学の精神「教育は愛なり」に基づいた実践計画を「教育改革18」として明確に表明しました。
HIT教育機構は、この「教育改革18」の理念の実現に向けて、常に新しい教育方法の研究・開発を行うとともに、その点検と評価を繰り返し特色ある「HIT教育」に結実するために設立されたものであります。

「社会」「環境」「倫理」を踏まえ、社会に貢献する人材の養成

学生を受け入れた時点での関心と学力を教育の出発点として、すべての学生を「社会・環境・倫理」に裏付けされた社会力と、「社会に奉仕する」の技術力を有する人材に育成することを目標に、すべての教育を実践しようとするものです。そのため、動機付け教育などの非伝統的な新しい教育内容・方法をも積極的に展開します。

学生の学ぶ喜びと教員の教える楽しさの響き合い

HIT教育機構では、教育方法の研究・調査を行い、本学で学ぶ喜びを実感してもらえる教育環境を構築するために必要な提案と提言を行うことを目的としています。そして、それらの実践と点検評価(PDCAの実践)に裏付けされて成熟する「HIT教育」の内容を学内外に公表し、社会と共に、期待される大学教育のあり方を考えていきます。

HIT教育機構の構成

お問い合わせ

広島工業大学 教育機構支援室

TEL 082-921-9435(直通)
FAX 082-921-9436
受付
月~金
8:30~17:00
8:30~12:30
※日曜・祝日ほか、8/13~16(夏季指定休日)、8/29~31(施設点検日)、12/27~1/3(年末年始)、2/23(学園創立記念日)、 夏季学生休業中の土曜日および指定の土曜日(5/12・5/19・6/16・6/23・7/14・1/5・1/19)はお休みします。
E-mail hitkyou@it-hiroshima.ac.jp
住所 〒731-5193  広島市佐伯区三宅2-1-1(本館2F