学外・発展学習部門

部門長 荒木 直樹

学習意欲や知的好奇心の高い学生に対してより幅広い学習機会を提供し、職業意識や国際的感覚の育成と向上を図るために、「外が学び」プログラム(産学連携実習)、海外の大学と留学制度などの研究・開発・企画を行うなど、教育環境の整備や制度について研究・開発を行います。
また、外国の大学を含めた機関との対応業務は、「国際交流センター」を中心に行っていますが、国際交流センターを利用する国内外の学生からの評価は非常に高いといえます。

活動方針

2018年度 学外・発展学習部門の活動方針

2016年度 学外・発展学習部門の活動方針
(HIT教育機構通信 第44号掲載)

活動結果

2017年度 学外・発展学習部門の活動報告

2015年度 学外・発展学習部門の活動報告
(HIT教育機構通信 第44号掲載)

各種活動報告

「国際交流センター」活動状況と今後の展望
(HIT教育機構通信 第1号掲載)